[第3回]初心者が始める!PHPってどう使うんだ?[文字列編]

[第3回]初心者が始める!PHPってどう使うんだ?[文字列編]

どうも黒です。

 

大変遅くなりました。第3回です。

今回は文字列の扱い方を学習したいと思います。


 

文字列とは?

 

第2回では、とりあえずHello worldを表示させてみました。

これも文字列と呼ばれるものに当たるのですが、そもそも文字列とは?なのですが、

文字列 = 文字を表すデータの型

つまり、何か文字をPHPで表示したい場合のデータ型のことですね。

 

は?

 

これだけだとそうですよね。笑

データ型のイメージとしては、何かを格納する箱、になります。

今回は文字を取り扱うので、文字を格納する箱の名前が文字列である。くらいの認識でいいと思います。

 

記述方法

 

それでは文字列の記述方法についてです。

記述方法は下記のようになります。

‘表示したい文字’

“表示したい文字”

シングルクォーテーションとダブルクォーテーションでは意味合いが変わるようです。

これにはエスケープシーケンスが関わってくるようなので、一旦その違いは置いておきます。

 

また、文字ってどうしても複数行に分けて書きたくなりますよね。前回はprintやechoを使って文字列表示をさせていましたが、毎回この関数を使わなければいけないのか。。。。

ってそんなことはないみたいです。

複数行に渡り書きたい場合は、ヒアドキュメントを使用すると良いようです。書き方は下記になります。

<<< ID

1行目

2行目

3行目

ID

このIDには任意の文字を指定できるようです。例文は下記のようになります。

<<< Test

1行目

2行目

3行目

Test

実際に記述してみました。書いたコードはこんな感じ

表示させてみたらきちんと表示されました。

これを使うと関数を1回使えば良いので楽でいいですね。ヒアドキュメントの書き方は覚えておいたほうが良さそうですね。



 

文字列の結合

続いて、文字列の結合方法についてみていきます。

これは2つの文字列を1つの文字列として合体させる。そんなイメージになります。

結合方法はこんな感じ。

‘文字列1’.’文字列2’

「.(ピリオド)」により連結ができます。これにより、文字列1文字列2と表示されます。

 

例えば、”こんにちは。”という文字列と”今日はいい天気ですね。”という2つの文字列を、”こんにちは。今日はいい天気ですね。”という1つの文字列で表示したい場合には、

‘こんにちは。’.’今日はいい天気ですね。’

上記のように記述すれば表示されるということですね。

 

いやいや、そんなんなら最初から1つの文字列として書けよって思われるかもしれませんが、普通の文章をそのまま書く場合にはそれでいいかもしれませんが、変数を用いる場合には、この文字列結合が重要になります。

 

変数に関してはまだ何もこの勉強記事では触れていませんが、何かを入れる箱をイメージしておいて下さい。

例えば、何かサイトに個人情報を登録される時には基本的に氏名って入力しますよね?しかも苗字と名前を分けて。そして登録が終わった際には、〜さんご登録ありがとうございます!のように名前が表示されるページってありません?こういう時に文字列結合を使います。

氏名をここでは田中 太郎で登録したとします。その時には苗字の変数に田中が格納され、名前の変数に太郎が格納し、最後の登録後のページで

‘苗字’.’名前’.’さんご登録ありがとうございます!’

と作っておくことで、田中太郎さんご登録ありがとうございます!のように表示してくれます。

このように何が入ってくるかわからないけど結合させる必要があるものには使えますね。というよりかなり使う機会多いと思います。

 

実際に上のパターンを作ってみます。コードはこんな感じ。

“$変数名”で格納する箱である変数を設定できます。今回は”myoji”と”namae”という2つの箱を準備し、それぞれに苗字と名前である”田中”と”太郎”を格納しています。

その変数を使用する際には$変数で使用できます。(変数を使用する際には”で囲む必要はありません。囲んでしまうと、$変数名がそのまま表示されてしまいます。)

これを「.」で結合しprintで出力させます。出力結果がこちら。

きちんと田中太郎が出力されていることがわかります。今回は直接値を指定していますが、本来であればデータベースに登録されているものをこの変数に格納し、表示する。もしくは画面から入力されたデータを変数に格納し表示する。そんな使い方だと思います。この文字列結合もかなり使いそうですね。

 

まとめ

はい。今回は文字列について触れてきました。webページを作成する上で文字というのは絶対に表示させるものだと思います。なのでこの文字列というのは切ってもきれないものになりますね。個人的に文字列結合は仕事でもよく他の言語で使ったりしているのですが、ヒアドキュメントのようなものはあまり使っていないので、この書き方は知れてよかったなと思いました。(コメントアウトの時くらいしか複数行にまたがって書くことはないもので。。。)

次回は最後の方に少し使いました、変数について触れて行きたいと思います。

 

 

ではでは。

 



 

←前の記事 次の記事→