[ RP-HD600N]ハイレゾの世界を体験

[ RP-HD600N]ハイレゾの世界を体験

どうも黒です!

 

先日、小松未可子さんのアルバムを購入しました!

収録曲も特典映像も堪能させて頂きました!

このアルバムについて、全曲レビューの記事も公開予定です!




 

さて、このアルバムの特典として、ハイレゾ音源のダウンロードができるようでした。

今までハイレゾ音源なんて聞いたことない私からしたら、

 

どの程度違うの?そんな違うのかな?

 

という疑問と興味から早速ダウンロードしてみました!

 

が。

 

待て待て。ダウンロードしたファイルの拡張子。

 

flacとは、、、?

 

この拡張子ですが、調べたらいつも使用しているiTunesでは開けないとのこと。mp3などに変換すれば聴けるということですが、どうせなら最初は変換せずに聞きたい。。。。。

 

ということで、まずはハイレゾを聞くためのアプリケーションをダウンロードしてきました!

今回は無料で使える、VOXというアプリをダウンロードしました。このアプリをiMacにインストール後、flacファイルを読み込ませました。

そしたらとりあえずflacファイルを変換せずにそのまま聴けるようになりました!

 

でも内蔵スピーカーではなくヘッドホンで聞いてみたい。。。。

でも私はハイレゾ対応のヘッドホンはおろか、ゲーミング用のヘッドセットしか持っていない。。。。

 

てことでこちらを購入しちゃいました!

Panasonicさんから4月頃に発売された、RP-HD600N

今回はノイズキャンセリングとボイススルー機能を搭載したモデルを購入しました。

 

中身はこんな感じ。

専用のケースにヘッドホン、そしてワイヤレスヘッドホンなので充電用のケーブル、そして有線接続用のケーブルもついていました。

 

早速有線接続して聞いてみました!

 

。。。。。。。。。

 

ハイレゾ。。。。。よくわからん。。。。。。。

 

いや、ほんとに。音はいい感じはするのですが、すごい!!!という感想は正直なかったです。

なので一旦CDからいつも通りにiTunesに追加したmp3ファイルの音源を聞いて、再度ハイレゾ音源を聞いてみると。。。。

 

おお!!より生の音に近くなっている!!

 

今まで聞いていた音源を聞いて、ハイレゾ音源を聞いてみると違いはすぐにわかりました。

ハイレゾ音源は音質が良いというより、音をより正確に表現できるようになったものであることを忘れていました。

 

このヘッドホンなのですが、ワイヤレス接続時にもハイレゾに近い音で聞くことができるということでしたが、流石に有線接続時に比べたら劣りますね。当たり前ですが。

それでもかなり良い音質で聞くことができます!

ノイズキャンセルも3段階調整できます。

また、ボイススルー機能が搭載されているため、右側を覆い隠すように触れることで音量が絞られれ、周りの音がクリアに入ってきます。こちらは思った以上にクリアでした。なので、電車などの車内で何かアナウンスを聞きたい際なども、イヤホンを外すことなく聞くことができます。

これは便利です。

 

もしこのノイズキャンセルとボイススルー機能がいらない方は、RP-HD500Bというこの機能を抜いて値段が安い型も発売されているので、そちらを購入すると良いと思います。

ワイヤレス接続でも20時間程は聴けるようなので、会社の往復では流石にAirPodsを使うと思いますが、私用で出かける際にはこちらのヘッドホンを使おうと思います!

 

いやー、ワイヤレスってやっぱり便利ですよね。

家で編集してる際にもつけっぱで部屋の中移動したりもできますしね。

引きこもりがちな私にはぴったり。

 

音質も申し分なく、他のワイヤレスヘッドホンに比べると値段も安く設定されているので、ワイヤレスヘッドホンを探されている方にはぴったりだと思います!有線接続すればハイレゾ音源もしっかり楽しめます!




 

これでまた余計引きこもりますね。

 

ではでは!