【雑誌】卒業という響きは寂しいものです。

【雑誌】卒業という響きは寂しいものです。

どうも黒です。

 

更新頻度は落ちているにも関わらず、アクセス数は変わらないのは嬉しい限りです。

本当にありがとうございます。

 

仕事が忙しい中での最近の癒やしは、、

そう乃木坂です。

 

乃木坂といえば今月に入って悲しいニュースが続きましたね。

 

七瀬、若様、能條 3人の卒業発表

 

七瀬の卒業発表があったときは、個人的にはそういう時期か‥‥と、なんとなく落ち着いた感じでしたが、

これから応援するんだ!!と最近私の推しの1人となった若様が卒業と聞いたときには心ここにあらず状態でした。

 

乃木坂卒業なだけであり、奈々未のように芸能界引退ではないのでこれからも応援する機会があるのは嬉しいですが、やはりどこか寂しい気持ちは残ります。

でものぎおびでの若様、そして本日の七瀬を見て、本人たちはかなり前向きな卒業であることが伝わってきました。ならばこちらばかり落ち込んで、前向きに進むメンバーを送り出さないでどうするよ!と思い直しました。

七瀬、若様、能條!乃木坂として最後まで悔いのないように走り抜いて、次のスタートを気持ちよく走り出して下さい!

 

私はこれからも乃木坂、そして卒業していくメンバーを全力で応援します。

 

卒業という経験は少なからず誰でも経験があると思いますが、後ろ向きな卒業って少ないのかな?と改めて思い返してみるとそう思えます。

学校の卒業とかは確かに寂しかったですよね。でも繋がりが切れることが卒業ではないですよね。昔の友達とも連絡は今でも取りますし。どちらかと言えば新しい環境に進むことが卒業なんですよね。

中学での繋がりはそのままに高校という新たな環境に進む。みたいな

なんか乃木坂を通して何気なく卒業という言葉を振り返ってみました

 

繋がりを大事に

日々を過ごしましょう

 

ではでは