#3 つむがれる景色は紫色

NO IMAGE


繭「おっはよー!!ございまーす!!」

雫「でけーよ。声が。さっさと入れよ。」

?「お!朝から元気だね〜。良いこと良いこと」

響「ほんと元気だよな。おはよ将人。」

雰囲気からわかるこの穏やかさんは萩原将人(おぎわらまさと)。特Sになって初めて話すようになった。実家はかなりの金持ち(まぁ特Sはそんなやつばかりだが)で教養も高い。

荻「雫もおはよ~今年もよろしくね。」

雫「おはよう将人。こっちこそよろしくな。」

荻・雫「~談笑中~」

繭「ん???ん???」

響「どうしたよ。そんな2人を不思議そうに首かしげて見て。」

繭「いや。雫が私ら以外とあんな感じで話ししてるの見るの初めてだったからさ。雫ってやたら分厚いATフィールド展開するじゃん?でもクラスメイトとはちゃんと話するんだなって。」

響「あ~。あながち間違いではないよ。雫は基本的にあんまり周りと関わらないようにしてるのはこのクラスでもそうだった。でもいつだったかな。。2年の途中から将人とだけはあんな感じで仲良くなってるんだよな。詳しくは俺も聞いてない。まぁ聞いても言わないだろうしね。」

繭「そうなんだ。‥‥‥ねぇ響也。」

響「どうした?」

繭「雫ってまさか。。。そっち系だったりしっていたい!!!」

雫「人のことをえらく楽しそうに観察しながら話てるじゃないか。俺も混ぜろよ。誰が何系だって?なぁ繭」

不敵な笑みを浮かべた雫がいつの間にか繭の後ろに現れ、バスケットボールを握るように繭の頭を掴んでいた。

繭「いたいいたい!!頭潰れちゃうよ!雫こんな力強かった!?ほんといたいよ!!」

響「やべ。逃げよう」

繭「ひどくない!?見殺し!?」

響「いや。あの顔の雫はやばい。逃げるが勝ちだ‥っていたい!!!」

雫「まぁそんな釣れないこと言うなよ響也。1人より2人の方が楽しいだろ?遠慮するな。お前も混ざっていけよ。」

繭・響「な、何に?」

雫「決まってるだろう?尋問だ。っていたい!!!」

繭・響「!?」

これから殺られると感じていた2人の頭から雫の手が離れ、次は雫が誰かから頭を締め上げられていた。

?「朝から楽しそうじゃないか雫よ。だがお前忘れてはないか?このクラスの担任は誰であり、その担任の前で騒ぐことがどういう目に合うのか。なぁ‥‥雫?」

雫「紬姉!?いつの間に‥‥ってまじ痛いんですけど!?」

?「何度言えばわかる?姉さんは悲しいぞ。これくらい男なら耐えてみせろ。」

雫「無理無理無理!!はーなーせー!!」

この女と思えない力で雫の頭を握りつぶす人こそ、雫の1年からの担任である紫垣(しがきつむぎ)。ほんと、、、なんて力だよ。

雫「ったく。やっと解放されたよ。紬姉も見た目ならそこらの女にいないくらい美形なのに。。」

紬「なんか言ったか?」

雫「イエナニモ」

繭「紬さんさすがだね~」

響「紫垣先生もさすがだけど、それに耐えれる雫も化物だけどな‥‥やっぱりあいつに逆らえないな‥‥」

繭「ん?どういうこと?」

響「雫の握力の比じゃないぞ‥‥紫垣先生の握力‥‥」

繭「え‥‥‥‥」

紫「始業のベル鳴ったのに楽しそうだな?お前らも試すのか?それとも席に着くか?」

響・繭「席につきます!!!」

繭「ってあれ?私席どこだ?」

#4に続く